楽天銀行の子供口座を作って1,000円ゲットしよう!

こんにちは。ケイゾクです。

 

我が家には3人の子供がいますが、産まれた時のお祝いやお年玉などをこれまでは『ゆうちょ』で管理していました。

今回、これらの口座を刷新して新たに楽天銀行の未成年口座を作りました!

 

楽天銀行に口座を作った理由は表題にもあるとおり、口座開設で1,000円もらえることを知ったのがキッカケですが、その他にも理由があるので開設手順も一緒に紹介していきたいと思います。

 

この記事を読んで欲しい方子供がもうすぐ産まれるご家庭

子供が産まれたばかりのご家庭

子育て真っ只中のご家庭

子供の銀行口座は楽天銀行がオススメ

子供が産まれると出産祝いやお年玉など、周囲から幾ばくかのお金をいただく機会が増えますね。

また、将来の教育費用のために毎月コツコツ貯蓄しようと思われる方もいるかと思います。

 

そんな時に必要なのが、お金を管理するツール、最も身近なのが銀行口座やゆうちょ口座ですね。

我が家の子供3人もつい最近までは全て『ゆうちょ』で管理していました。

 

日本全国どこにでもあるゆうちょなら、仮に、子供が進学などで家を出ても使い勝手がいいのではと言う理由から作りました。

 

しかし、現在はネットバンクであれば、店舗はなくても全国のコンビニなどのATMで利用できるので、もはや立地のメリットはゆうちょにはないのかなと思うようになりました。

 

こうしたことからネットバンク口座の開設を検討しましたが、即刻で楽天銀行での開設を決めました。

主な理由としては以下のとおりです。

楽天経済圏なら楽天銀行一択

私は数年前から楽天経済圏で生活していて(Amazonプライムの会員でもありますが)、買い物は楽天市場、資産運用は楽天証券、旅行は楽天トラベルと言った具合に楽天グループをフル活用しています。

 

もちろん、メインのクレジットカードは楽天ゴールドカードで、楽天銀行口座も夫婦ともに開設済みです。

 

さらに、子供の口座を楽天銀行にすれば、口座間の振り込みは手数料無料なので面倒な資金の割り振りもスマホ1つで完了します。

したがって、将来子供が全国どこに行っても簡単に資金移動ができますね。

未成年口座開設で1,000円ゲット!

楽天銀行では、未成年口座を開設するとお祝い金として1,000円もらえるキャンペーンをほぼ常時開催しています。

仮に10万円を入金したとすると、それだけで1%の利益を獲得できますね。

 

たとえ楽天経済圏でなくても開設するだけの意味はあると思います。

 

このキャンペーンは一定の期間で区切られていますが、その期間が終われば次の期間での募集が始まるので、実質的に随時募集がされている状況です。

口座開設から1,000円が入金されるまでには、約2ヵ月ほどのタイムラグがありますが、開設だけで貰えるのでかなりお得ですね。

金利が高水準

現在の日本は超低金利時代であり、大手メガバンクの普通預金の金利は0.001%です(2020年12月現在)。

100万円預けても10円しか利息がつかないんですね。

 

一方、楽天銀行の普通預金の金利は0.02%と、メガバンクの20倍となっています。

長期にわたって預けることを考えれば複利効果が効いてくるので、この差はかなり大きいものとなるでしょう。

楽天銀行での未成年口座開設手順

通常の銀行口座開設だと平日の日中に店舗を訪問して、書類を記入して銀行印を登録して…と手続きが面倒ですが、ネットバンクであれば自宅のPCやスマホだけで開設できるので時間が無駄になりませんね。

 

以下で口座開設の手順を説明しますが、基本的には楽天銀行のHPに入って指示に従っていけば完了まで辿り着くことができます。

キャンペーン口座からアクセス

先ほど記載したとおり、楽天銀行では未成年口座開設で1,000円もらえるキャンペーンをやっていますが、キャンペーンのHPから入っていかないと対象とならないのでご注意ください。

キャンペーンのHPにある『お子さま名義の口座開設お申込はこちら』をクリックして、必要事項を記入するページに移ります。

楽天銀行未成年口座の申し込み画面

基本的に特別な項目を入力することはないですし、未成年口座なのでデビット機能やクレジット機能をつけることはできませんので、ノーマルのキャッシュカードとなります。

 

本人確認書類が住民票写し(コピー不可)の場合は、後日郵送される返信用封筒を使って送り返します。

それ以外、例えば、マイナンバーカードや運転免許証の場合は、アプリor郵送で届けることになります。

 

ただし、アプリでのアップロードはPCからできないので、改めてスマホから手続きをする必要があります。

我が家の場合、子供がまだ1歳であったためマイナンバーカードではなく住民票の写しで対応しました。

 

全ての項目を入力し終わったら確認画面で以下の画面が表示されて、誤りがなければOKです(以下はサンプルとして作成しました)。

楽天銀行未成年口座申し込みの必要事項入力後画面

本人確認書類のアップロード方法

上記の画面で申し込みボタンをクリックして無事に受付が完了すると、『楽天銀行からのお知らせ[口座開設申込ありがとうございます]』と言う確認メールが登録したアドレス(親のアドレス)に届きます。

 

ここに記載されている『登録番号』と『アクセスキー』が、アップロードに必要なので、メールは削除せずに保存しておくか、登録番号とアクセスキーを別にメモしておきましょう。

 

メモができたら楽天銀行のアプリを起動して、ログインせずに『本人確認書類などを送る』を選択しましょう。

楽天銀行口座開設アプリでの操作方法その1

 

次に、以下の画面で『口座開設』を選択します。

楽天銀行口座開設アプリでの操作方法その2

 

すると、以下の画面が表示されるので、先ほどの登録番号とアクセスキー、お子様の生年月日を入力しましょう。

楽天銀行口座開設アプリでの操作方法その3

 

次に進むと、親とお子様の確認書類をアップロードすることができるので、指示に従って画像をアップロードしましょう。
※当時の画面を残していないので、ここは割愛します。

 

これで本人確認書類のアップロードは完了です。

キャッシュカード到着・初期設定

本人確認書類提出後、2週間~1ヵ月後にキャッシュカードと初期設定ガイドが届くので、ガイドの記載内容にしたがって手続きを進めます。

ガイドはPCサイト、スマホサイト、アプリそれぞれのツールでの設定方法が細かく記載されているので、操作自体は分かりやすいですが、ステップはやや多いかなと思います。

 

とは言うものの、IDやパスワード、暗証番号が既に決まっていれば5分~10分で完了するでしょう。

 

なお、1点覚えておくと便利なものとして、Gメールの『エイリアス機能』があります。

 

エイリアス機能とは?

  • 同一アカウントで複数のメールアドレスを持てる機能。
  • 元々のメールアドレスに『+〇〇』と入力するだけ。

この機能を使えば、お子様用に新たにGoogleアカウントを取得する必要はありません。

例えば、親のアドレスが『sample@gmail.com』だった場合、『sample+rakuten@gmail.com』と言うアドレスを作ることができます。

 

この機能をどこで使うかと言うと、『ワンタイム認証の設定』です。

本人確認の一環で使い捨てパスワードを送付するアドレスを入力する必要がありますが、親のアドレスではエラーとなってしまいます。

しかし、このためだけに子供のアカウントを作るのは管理が煩雑になりますね。

 

そこで、このエイリアス機能を使えば、お子様へのメールが自分(親)のメールアドレスで受信することができるようになるので、ワンタイムパスワードも自分のアカウント(アドレス)で確認できます。

 

今回の場面以外でも結構使えるので、是非覚えておきましょう。

 

最後に合言葉を設定して初期設定は完了です。

あとは任意の金額を入金して放置しておけば、約2ヵ月後に1,000円のキャッシュバックを受けることができます。

 

【2020年12月25日追記】

無事にキャッシュバックが振り込まれていました!

キャッシュバックの画像

たかが1,000円かもしれませんが、銀行口座を作るだけでもらえるのはお得でしかないですね。

楽天銀行の未成年口座を開設して1,000円ゲット!

銀行口座を開設して、紙媒体の通帳を作ると手数料が取られる時代がやってきています。

一方で、楽天銀行では口座を開設すれば1,000円貰うことができます。

 

メインバンクにするかどうかは各家庭の事情もあるかとは思いますが、口座を開設しておいて損はしない、むしろ得をすることになるので、お子様の口座開設を検討しているのであれば、楽天銀行での開設をオススメしています。

 

以上、本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング