楽天証券の楽天ポイント投資で現金を使わずに資産運用!

こんにちは。ケイゾクです。

私はネットショッピングは『楽天市場』、クレジットカード決済は『楽天カード』、街中でのコード決済は『楽天ペイ』、証券会社は『楽天証券』と言うように、いわゆる楽天経済圏で生活しています。

 

上記の他にも旅行・出張は楽天トラベルを使ったり、楽天グループのサービスを利用して楽天ポイントを貯めています。

 

貯まった楽天ポイントは、楽天モバイルの支払などの生活費に充てたりもしていますが、楽天証券での資産運用でも活用しています。

 

実際、2018年10月からの2年間、投資信託の『ひふみプラス』と言う商品を毎月楽天ポイントで購入してきました。

その結果、現時点では約20%の含み益となっています。

 

今回は楽天グループを利用して得られる楽天ポイントを使って、現金を使わなくても投資ができる方法について紹介したいと思います。

 

この記事を読んで欲しい方楽天ポイントの使い道に困っている方

楽天ポイントを使った投資に興味がある方

 楽天ポイントで投資する理由

上記で記載したように、楽天証券では楽天ポイントを使って投資信託などを購入することができます。

しかも、100円(100ポイント)から購入することが可能なので、投資初心者でも気軽に始められますね。

 

そんな楽天ポイントを使った投資は、『楽天サービスの利用⇒楽天ポイントの獲得⇒楽天ポイントで投資』のサイクルを回すことで、極論を言えば資金を捻出しなくても投資を経験できるのが大きなメリットです。

利用⇒貯める⇒使うのサイクルを構築

楽天ポイントを獲得するにあたって基本と言えるのが『楽天カード』の利用でしょう。

楽天カード利用額の1%分が楽天ポイントとして付与されるので、日常の決済を楽天カードに集中させることがスタートとなります。

 

例えば、我が家でほぼ毎月発生している楽天カード決済は次のとおりです。

①電気・ガス・インターネット料金

②生命保険料

③携帯電話料金

④ガソリン代

⑤楽天証券での積立投資

⑥楽天市場(お米・ビール)

これら6項目で4.5万円~5万円は支出していますので、最低でも450~500ポイント獲得できます。

 

これらに加えて、楽天市場でふるさと納税や必要な品物を購入、リアル店舗での決済などで使用すると自然と楽天ポイントがザクザクと貯まっていきますね。

 

そして、獲得した楽天ポイントを楽天証券での投資に使うことで、『利用⇒貯める⇒使う』のサイクルを構築すれば、あとはこれを毎月回していくだけで投資家の仲間入りです。

楽天ポイントを獲得して投資するまでの順番

上記でお示しした方法が使えるのは、楽天カード利用による通常ポイントのみです。

しかし、楽天グループのサービスを活用することで、楽天市場でのお買い物はさらに多くの期間限定ポイントを獲得できます。

 

例えば、楽天ポイントを楽天証券で毎月500ポイント積立注文で活用すると、楽天市場での購入分がさらに1%付与されます。

これはSPUプログラムの1つで、この条件をクリアして獲得できるポイントは期間限定ポイントです。

 

他にも楽天モバイルを利用していれば上乗せされるなど、様々なSPUプログラムがあり、上手く利用することでザクザクとポイント(多くは期間限定ポイント)を貯めることができます。

 

これらの通常ポイントと期間限定ポイントを使えば、現金を投資することなく資産運用を始めることができます。

 

その方法について、私の場合の基本的な獲得ポイント事例を基に紹介したいと思います。

通常ポイントを使って投資

楽天市場利用での獲得事例

上記のように、楽天市場で2万円分購入すると通常ポイントで400ポイント、期間限定ポイントで900ポイントを獲得することができます(SPUクリア状況によって期間限定ポイントは変動します)。

 

通常ポイントは楽天市場以外での支払い、例えば、ガソリン代や光熱費の支払などで楽天カードを利用しても獲得できますね。

ここでは、1万円分の利用があったとして100ポイントが付与されることとしています。

 

この合計500ポイントは、そのまま楽天証券での投資に利用します。

通常ポイントの利用例

期間限定ポイントも投資に使える

一方、期間限定ポイントはそのままでは楽天証券での投資に使うことはできませんが、リアル店舗や楽天市場での商品購入や楽天ペイでの支払いに使うことができます。

オススメはリアル店舗でのポイント支払いや楽天ペイでのポイント利用です。

 

例えば、ドラッグストアやコンビニで楽天ペイや楽天ポイントを使うことで、期間限定ポイントを消化して現金を使わずにお買い物も可能となります。

 

これで浮いた現金を楽天証券での投資に回すような仕組みを作っていくことで、さらに資金を捻出しなくても投資が可能となりますね。

期間限定ポイントの利用

なお、楽天市場でのポイント消化は、その分、楽天カードの利用がなくなることで獲得ポイントが目減りしてしまうので、可能であればリアル店舗で使うことがオススメです。

私はドラッグストア(楽天ペイでのポイント利用)や楽天モバイルの支払い(ポイント払い)で消化することが多いです。

余裕に応じて投資資金を追加

楽天ポイントを活用した投資手法を紹介してきましたが、ポイントを獲得したいがために不必要なものまで購入するのは本末転倒なのでご注意ください。

 

実際には十分な資産運用できるだけのボリュームを楽天ポイントで賄うのは困難なので、毎月の支出を最適化して投資資金を確保することで『現金+楽天ポイント』と言う形で投資できるのが理想だと思います。

 

一方、現金を使っての投資で損失を出すのが怖い場合は、上記のように楽天ポイントを上手く使って、まずは投資を始めてみることがオススメです。

楽天ポイントでひふみプラスに投資している理由

冒頭にも記載しましたが、私は2018年10月から約2年間、毎月500ポイントの通常ポイント投資を継続してきました。

購入しているのは投資信託の『ひふみプラス』です。

 

このサイトの他の記事では投資信託を選ぶ際は、『信託報酬が低いインデックスファンドを選ぶべし!』と言っておきながら、『ひふみプラス』は信託報酬が1%を越えているアクティブファンドに分類される商品です。

 

0.1%~0.2%が主流のインデックスファンドと比較すると、手数料である信託報酬の差は歴然ですね。

それでも敢えて『ひふみプラス』を選択している理由は以下2つです。

①ポイント投資なので損失ダメージが少ない

前述したように、ひふみプラスに投資している500ポイントは、必要なものを楽天カードで支払ったことで獲得できたポイントです。

つまり、現金で支出していれば手にしていなかったポイントですね。

 

本来なかったポイントだと思えば、多少損失が出てもダメージは少ないので、『プラスになれば儲けもの』と言う気持ちで購入しています。

②アクティブファンドは本当に悪なのかを検証してみたい

巷に溢れている投資に関する書籍では、9割以上が『インデックスファンド推し』です。

アクティブファンドは手数料が高く、長期的な実績ではインデックスファンドを上回っていないデータも出ています。

 

私もいくつか投資に関する書籍を読みましたが、これに関する記述は論理的で納得できるものでした。

現に、ひふみプラス以外に保有している投資信託・ETFは全てインデックス関連です。

 

しかし、市場には多くのアクティブファンドが存在していて、短期的には高い利益率を出しているケースがあるのも事実。

このことから、本当にアクティブファンドに投資すると損してしまうのか否かを検証することが理由の2つ目です。

楽天ポイント投資の実績

ひふみプラスのトータルリターン

ひふみプラスの売買履歴

上記は2020年10月14日時点のトータルリターンと、2年前からの購入履歴です。

なお、2018年10月以前に積立ではなく、手元に余った資金でスポット購入したりしていましたが、それらの多くは一度2019年8月に精算しています。

 

上記のとおり、現時点の状況としては約20%前後の含み益となっていますね。

正直、デキスギな運用結果で他に保有しているインデックスファンドの実績を凌駕しています。

 

この成績を見ると、もっと多くのポイント(+現金)を投資しておけばよかったと思ってしまいますが。

しばらくはこのまま継続して見守っていきたいと思っています。

まとめ:楽天ポイントで投資しよう!

いかがでしたでしょうか。

日常の必要な支出を楽天カードで支払うだけで、簡単に投資の世界に足を踏み入れることができるのはとても恵まれた環境ですね。

 

『投資に興味があるけど損失を出すのが怖い』と思われることもあると思いますが、ポイント投資なら心理的ハードルはかなり低くなると思います。

『それでも何に投資したらいいか分からない』と言う場合は、以下の記事をご覧いただき投資信託を選ぶ基準を参考にしてもらえれば。

関連記事

こんにちは。ケイゾクです。我が家では主に投資信託(NISA、つみたてNISA、ideco)、ETF、FXで資産運用をしています。 今日はこの中の『つみたてNISA口座における投資信託の運用』について紹介した[…]

少しでも投資に興味があるのであれば、ザクザク貯められる楽天ポイントを使って投資を始めてみることをオススメしたいと思います!

 

以上、本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

※『分かりやすくて参考になった!』『分かりにくい!もっと頑張れ!!』色んな意味をこめて、以下のボタンをポチっとしてもらえれば嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

関連記事

こんにちは。ケイゾクです。我が家では主に投資信託(NISA、つみたてNISA、iDeCo)、ETF、FXで資産運用をしています。 今日はこの中の『投資信託』と『ETF』の運用について紹介したいと思います。[…]

関連記事

こんにちは。ケイゾクです。本日は個人型確定拠出年金、通称『iDeCo』で運用する商品のオススメ3選を紹介したいと思います。 この記事を読んで欲しい方iDeCoの基礎知識はあるiDeCoを[…]

関連記事

こんにちは。ケイゾクです。現在、15歳以下の子供がいる家庭では児童手当が支給されていますが、その使い道について1度は考えたことがある人は多いのではないでしょうか。 もしくは、もうすぐ子供が産まれる家[…]