【週間報告】投資信託・FXの運用状況について

こんにちは。ケイゾクです。

今日は我が家で運用している投資信託(ideco含む)・ETF・FXの週間報告です。

コロナショック真っ只中でまだ出口が見えない現在、全ての商品が含み損状態です。

気分的には辛い部分もありますが、手動トラリピは含み損が出るのが前提ですし、投資信託は安い価格で多くの口数を購入できるので、淡々と積み立てながら相場が回復するのを待つのみです。

それではどうぞ。

投資信託・ETF

NISA口座(投資信託&ETF)・ideco口座

  • 投資額:1,455,497円
  • 評価損益:-191,735円
  • 利益率:-13.17%

つみたてNISA口座

  • 投資額:261,800円
  • 評価損益:-40,542円
  • 利益率:-15.49%

楽天証券で運用しているNISA口座・ideco口座、つみたてNISA口座の運用状況です。

ここ2ヵ月の状況をグラフにしてみました。

両者どっぷり含み損に浸かってますね。。。

NISA・つみたてNISAの運用商品などは以下の記事で紹介しています。

参考記事

こんにちは。ケイゾクです。我が家では主に投資信託(NISA、つみたてNISA、iDeCo)、ETF、FXで資産運用をしています。 今日はこの中の『投資信託』と『ETF』の運用について紹介したいと思います。[…]

参考記事

こんにちは。ケイゾクです。我が家では主に投資信託(NISA、つみたてNISA、ideco)、ETF、FXで資産運用をしています。 今日はこの中の『つみたてNISA口座における投資信託の運用』について紹介した[…]

どちらも2月3週あたりから明らかな下降線を描き始め、3月からはマイナス圏に突入して推移しています。

NISAとidecoは3年程度継続していますが、含み損になる時期があったものの、-10%以上を記録したことはないですね。

しかし、ここで積み立てをやめたり解約したら何の意味もなくなります。

ここで蒔いた種が相場回復とともに花開くのを信じて、今は淡々と積み立てながら相場が回復するのを待つしかないですね。

FX(リピート売買:連続予約注文)

FXはマネーパートナーズの連続予約注文を利用して、リピート売買(手動トラリピ)をしています。
現在はカナダドル円とメキシコペソ円を運用しているので、その状況をご紹介します。

カナダドル円

カナダドル円の現在の設定状況はざっくりとは以下のとおりです。

  • 想定レンジ幅:75円~85円
  • 値幅:0.153円
  • 利幅:0.25円
  • 設定本数:66本
  • 通貨数/本:500通貨
  • 利益/回:125円

カナダドル円の設定の考え方など詳細は以下の記事をご覧ください。

関連記事

こんにちは。ケイゾクです私投資信託やETF、さらにFXで資産運用をしています。 今回はFXの中でも、『手動トラリピ』のトレード設定や運用状況について紹介したいと思います。私が手動トラリピで使[…]

ここ1週間のカナダドル円のレートの推移や決済状況を表にしてみました。

これまでの獲得利益や利回りについては↓のとおりです。
また、これらの過去2ヵ月間の推移をグラフにしています。

  • 累計利益:80,111円
  • 名目利回り:12.79%(累計利益/元本)
  • 評価損益:-142,712円(含み損)
  • 実質利益:-62,601円(累計利益+評価損益)
  • 実質利回り:-9.99%(実質利益/元本)

含み損は膨らんでいるものの、レートは設定レンジ内にあり、かつ、荒れた値動きのおかげで週間利益3,250円はかなりイイ数字です。
当初の設定では1週間で1,000円~1,500円の利益が出れば、年間10%程度の利益率になるので、今週はむしろデキスギですね。

運用資金は現在約60万円なので、仮にこのペースで推移し続けると、月14,000円、年168,000円の利益となり単純な利益率では約28%になってしまいます。

当然、1年間の中で波があるのでこんなウマくいくはずはないですが。特に、コロナ問題の終息が見えない今、さらにレートが下がって設定レンジを越えてしまうことも想定しておかなければなりません。

メキシコペソ円

メキシコペソ円の設定状況はざっくりとは以下のとおりです。

  • 想定レンジ幅:5.208円~5.959円
  • 値幅:0.039円
  • 利幅:0.05円
  • 設定本数:20本
  • 通貨数/本:1万通貨
  • 利益/回:500円

設定の考え方など詳細は以下の記事をご覧ください。

関連記事

こんにちは。ケイゾクです私投資信託やETF、さらにFXで資産運用をしています。今回は『FX』の中でも、株式会社マネーパートナーズの連続予約注文を使った『手動トラリピ』について紹介します。 以前の[…]

メキシコペソ円については設定レンジを大幅に下抜けしてしまっていて、今週も獲得利益はありません。
カナダドル円と同じように今週の推移、これまでの利益関連の状況、過去2ヵ月間利益の推移も掲載します。

  • 累計利益:42,371円
  • 名目利回り:9.85%(累計利益/元本)
  • 評価損益:-248,650円(含み損)
  • 実質利益:-206,279円(累計利益+評価損益)
  • 実質利回り:-47.97%(実質利益/元本)

※3月中旬に実質利回りが改善されているのは資金を追加したためです。

メキシコペソ円の下落については原油価格や国内政治状況などが要因となっているようで、今後の見通しについてもなかなか厳しい状況です。
レートが4円を下回ってくるようであれば、重い決断をする必要があるかもしれません。

まとめ

ご覧のとおり、いずれの運用も非常に厳しい状況となっています。
しかし、いずれも下落相場はある程度覚悟はして臨んでいます(ここまでの下落は想定してできていませんでしたが)。

この状況を何とか乗り越えられるよう、追加資金や損切りのタイミングの検討など、準備はしておきたいと思います。

どんな状況でも継続して運用を続けて資産を構築していきたいと考えています。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

※このサイトの応援クリックをポチっとしてもらえると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング