投資初心者の資産運用状況を公開・米国四半期GDP発表など月末に動きあり(2020年7月末時点)

こんにちは。ケイゾクです。

投資初心者である私の資産運用の月次報告です。

さて、私が主に運用しているのは投資信託(国内・海外ETF含む)とFX(手動トラリピ)で、7月末日時点の利益率(FXは含み損考慮した数字)と、今月の注目ポイントは次のとおりです。

 

投資信託・ETFNISA:5.75%(前週比1.97pt、前月比1.94pt)
つみたてNISA:4.23%(前週比3.26pt、前月比1.00pt)

FX(連続予約)カナダドル円:4.97%(前週比0.23pt、前月比3.17pt)
メキシコペソ円:-26.03%(前週比0.5pt、前月比6.26pt)

今月のポイント米国企業の四半期決算

米国の四半期GDPが前期比32.9%減

どちらのポイントも新型コロナウィルスの影響を受けた4月~6月の、米国経済の状況が反映される重要な数値でした。

 

特に、米国四半期GDPは統計開始以来、最大の下げ幅となり私の保有している銘柄も大きく影響を受けました。

このことから前週比では下げましたが、前月比で見れば上昇して終わりました。

 

これは、FOMCでの金融緩和の継続姿勢が見られたことや、追加経済対策への期待が要因ではないかと思います。

 

一方、為替は7月は全体的に寂しい動きでしたが、上記の要因などもあり月末にかけて動きが大きくなり何とか最低限の利益は獲得できました。

 

それでは、詳細について順に見ていきましょう。

投資信託・ETF(NISA・つみたてNISA:楽天証券)

7月31日時点でのステータスと過去12週間12の推移を示したグラフはそれぞれ以下のとおりです。

  • NISA投資額:1,130,217円
  • 評価損益:65,018円
  • 利益率:5.75%

2020年7月末のNISA運用状況

  • つみたてNISA投資額:320,000円
  • 評価損益:13,542円
  • 利益率:4.23%

2020年7月末のつみたてNISA運用状況

投資信託(ETF含む)はNISA、つみたてNISAともに楽天証券で運用しています(つみたてNISAは妻の口座)。

 

どちらの口座も7月中は緩やかに上昇していましたが、月末の米国四半期GDPが前期比32.9%の記録的な減少幅を記録し、米国市場はもちろん、日本の市場にも大きな影響を与えました。

 

しかしながら、前月比ではプラスであり、また、含み益の状況は続いているので7月の大きな動きは乗り切ったのではないかと思います。

 

一方で、先週の定期報告で触れましたが、今月はNISA口座の投資信託や国内ETFをいくつか売却してキャッシュポジションが増えました。

関連記事

こんにちは。ケイゾクです。投資初心者である私の資産運用の状況報告です。運用しているのは投資信託(ETF含む)とFX(手動トラリピ)で、7月24日時点の利益率(FXは含み損考慮した数字)は次のとおりです。 […]

 

このキャッシュは米国ETFなどに振り向けていこうと思い、VOOやVIGの追加購入を検討しています。

欲を出すなら少し下がって買いたいので、8月は少し下げるタイミングが来るのを待ちたいと思います。

 

また、NISA口座の投資信託を売却したことで、つみたてNISA口座の銘柄も少し変更を予定しています。

こちらはまた整理できたら報告したいと思います。

 

NISA口座で運用している投資信託、つみたてNISAで運用している投資信託については、以下の記事で紹介していますので参考にご覧ください。

参考記事

こんにちは。ケイゾクです。我が家では主に投資信託(NISA、つみたてNISA、iDeCo)、ETF、FXで資産運用をしています。 今日はこの中の『投資信託』と『ETF』の運用について紹介したいと思います。[…]

参考記事

こんにちは。ケイゾクです。我が家では主に投資信託(NISA、つみたてNISA、ideco)、ETF、FXで資産運用をしています。 今日はこの中の『つみたてNISA口座における投資信託の運用』について紹介した[…]

FX(連続予約・手動トラリピ:マネーパートナーズ)

7月31日時点でのステータスと過去12週間の推移を示したグラフはそれぞれ以下のとおりです。

カナダドル円

  • カナダドル円(2019年3月~)投資額:706,361円
  • 累計獲得利益:108,203円
  • 名目利益率:15.32%
  • 評価損益:-73,115円
  • 実質利益:35,088円
  • 実質利益率:4.97%

2020年7月末時点のカナダドル円運用状況

2020年7月第5週の獲得利益

まずは、週次の状況は上記のとおりとなっています。

 

今週の序盤は動きがありませんでしたが、最終日(31日)にロンドンフィキシングも重なってやや大きく上下しました。

終わってみれば、15回の決済で1週間の利益は『1,875円』と目標の『1,500円』をクリアできました。

 

7月は少し寂しい週が続いていたので、最終週にしてようやくリピート系の威力が発揮できました。

 

続いて月次単位で見てみましょう。

2020年7月末のカナダドル円月次推移状況

2020年7月末のカナダドル円月間獲得利益

運用開始以来、実質利益率は上下を繰り返していますが、決済利益は着実に積み重なってきています。

 

現在は70円台後半ですが、このレート水準でもしっかり利益を積み重ねることができれば、レートが上昇した時に実質利益も大きく膨らみます。

また、決済利益は証拠金として確保されるのでロスカットレートを下げる効果もあります。

 

8月以降もコツコツと継続して利益を積み重ねていきたいですね。

 

なお、カナダドル円の設定などは以下の記事をご覧ください。

参考記事

こんにちは。ケイゾクです私投資信託やETF、さらにFXで資産運用をしています。 今回はFXの中でも、『手動トラリピ』のトレード設定や運用状況について紹介したいと思います。私が手動トラリピで使[…]

参考記事

こんにちは。ケイゾクです。このブログではこれまで私のカナダドル円のトレード状況を紹介してきました。手動トラリピでのトレードを始めて約1年3ヶ月ほど経過したので、1度これまでの運用状況と現状を振り返って、今後の方針を検討しまし[…]

メキシコペソ円

  • メキシコペソ円(2019年7月~)投資額:430,000円(追加入金12万円含む)
  • 累計獲得利益:48,404円
  • 名目利益率:11.26%
  • 評価損益:-160,350円
  • 実質利益:-111,946円
  • 実質利益率:-26.03%

2020年7月末時点のメキシコペソ週次運用状況

2020年7月末時点のメキシコペソ月次運用状況

2020年7月末時点のメキシコペソ週間獲得利益

2020年7月末時点のメキシコペソ月間獲得利益

メキシコペソ円は上記のとおり、引き続き含み損状態です。

これで22週連続で含み損状態が続いています。

 

プラスに転じるのはまだまだ厳しい状況ではありますが、しばらく4.6円~4.8円のレンジをウロウロしているので、単発でIFD注文を入れてコツコツ利益を獲っていきたいと思います。

 

今週も1件決済があり、今月は3,052円獲得できました。

 

設定レンジを外れたこの厳しい状況でこれだけ利益を獲れたのは良かったと思います。

 

今はひたすら耐える時期と腹を括って、ロスカットされないように資金管理を適切に行っていきたいですね。

 

なお、メキシコペソ円の設定状況などは以下の記事をご覧ください。

参考記事

こんにちは。ケイゾクです私投資信託やETF、さらにFXで資産運用をしています。今回は『FX』の中でも、株式会社マネーパートナーズの連続予約注文を使った『手動トラリピ』について紹介します。 以前の[…]

参考記事

こんにちは。ケイゾクです。このブログではこれまで私のメキシコペソ円のトレード状況を紹介してきました。 手動トラリピでのトレードを始めて約1年ほど経過したので、1度これまでの運用状況と現状を振り返って[…]

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

8月は例年であれば大きな動きはなく夏枯れ相場と言われますが、新型コロナウィルスの動向によっては大きな動きとなる可能性もあります。

 

また、米中関係も常に市場へ影響を与えてきているので、今後も要注意ですね。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

※『分かりやくて参考になった!』『分かりにくい!もっと頑張れ!!』色んな意味をこめて、ポチっとしてもらえれば嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

関連記事

こんにちは。ケイゾクです。私は資産運用のツールとして『FX』を利用しています。FXの基本について知りたい方は以下の記事をご覧ください。[sitecard subtitle=関連記事 url= https://[…]

関連記事

こんにちは。ケイゾクです。先日は私が初めて購入した米国ETFの『VOO』についてご紹介しましたが、本日はVOOの次に購入した『VIG』についてご紹介したいと思います。VOOに関しては以下の記事をご覧ください。[sitec[…]

関連記事

こんにちは。ケイゾクです。本日は私が米国ETFのVOOを購入した理由について紹介したいと思います。なぜ、投資初心者である私が『米国ETF』と言う、一見難しそうな商品に手を出したのか。詳細は以下で説明しますが、精神論的[…]