投資初心者の資産運用状況を公開・メキシコペソ円プラ転まであと一息!(2020年11月30日~)

株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX

こんにちは。ケイゾクです。

投資初心者である私の資産運用の状況報告です。

運用しているのは投資信託、ETF、FX(手動トラリピ)で、12月4日時点の利益率(FXは含み損考慮した数字)は次のとおりです。

 

NISA・つみたてNISA・iDeCo投資信託・ETF:16.45%(前週比0.78pt)

FX(手動トラリピ)カナダドル円:13.59%(前週比2.83pt
メキシコペソ円:-0.41%(前週比3.68pt)

今週は英国で新型コロナウィルスのワクチンの緊急使用が世界で初めて承認され、新型コロナウィルスの収束に向けて前進したことが好感されました。

米国市場の株価は続伸地合いで、為替も円安が進みました。

 

特にユーロ円は1週間で2円近く円安になり、さらにメキシコペソ円もコロナショック後の高値を更新して、円安に振れてきました。

私の運用で足を引っ張り続けてきた(?)メキシコペソ円ですが、ここに来てプラ転の1歩手前まで戻してきて安堵です。

 

一方で気になるニュースとしては、英国のEU離脱期限が迫る中、離脱協定が合意される公算が低くなってきている点です。

このまま合意なき離脱となってしまうと、英国経済にダメージとなる可能性が高く、英国企業や英国へ進出している他国企業への影響も出てくることが懸念されます。

 

残された時間は短いですが、どう言った着地点が見いだされるか分からないため、引き続きヘッドラインに要注意ですね。

 

それでは、今週の状況について詳細に見ていきましょう。

投資信託・ETF(NISA・つみたてNISA・iDeCo:楽天証券)

12月4日時点でのステータスと過去12週間の推移、また、2019年11月からの月単位での推移を示したグラフはそれぞれ以下のとおりです。

  • 投資額:1,685,771円
  • 評価損益:277,301円
  • 利益率:16.45%

2020年12月4日時点の投資信託とETFの運用状況

投資信託(ETF含む)はNISA、iDeCo、つみたてNISAともに楽天証券で運用しています(つみたてNISAは妻の口座)。

 

今週は前週の流れを引き継いで好調な米国市場の影響もあり、前週比プラスとなり堅調な運用状況をキープしています。

中でもiDeCoとつみたてNISAの運用状況は、高水準をキープしています。

2020年12月4時点のiDeCoの運用状況

上記はiDeCoの運用状況ですが、利回りが10%を越えているのはもはやデキスギているとも思うぐらいです。

どちらにしろ引き出せるのは24年後以降なので、今の状況に一喜一憂しても仕方ないのですが嬉しいことは記録しておきたいので記載しました(笑)。

ちなみに、運用している銘柄は『たわらノーロード先進国株式』のみです。

 

 

2020年12月4時点のつみたてNISAの運用状況

こちらはつみたてNISAの運用状況です。

これまで国内株式は低調でしたが、ここ数週間の日経平均の上昇によって含み益が膨らんできました。

こちらも売却するのは少なくとも15年後ぐらい先ですが、好調な数字を見てニヤニヤしたいので記載しました(笑)。

 

今後、新型コロナウィルスが収束を見ればさらに改善されることが期待されますが、他の危機によって暴落する可能性も当然あるので、引き続き淡々と積み立てを継続していきます。

 

NISA&iDeCo口座で運用している投資信託やETF、つみたてNISAで運用している投資信託については、以下の記事で紹介していますので参考にご覧ください。

FX(連続予約・手動トラリピ:マネーパートナーズ)

12月4日時点でのステータスと過去12週間の推移、また、運用開始からの月単位での推移を示したグラフはそれぞれ以下のとおりです。

カナダドル円・ユーロ円

  • カナダドル円(2019年3月~)・ユーロ円(2020年11月~)投資額:786,361円
  • 累計獲得利益:136,439円
  • 名目利益率:17.35%
  • 評価損益:-29,557円
  • 実質利益:106,882円
  • 実質利益率:13.59%

2020年12月4日時点のカナダドル円・ユーロ円の利益状況推移(週次単位)

2020年12月4日時点のカナダドル円・ユーロ円の利益状況推移(週次単位)

今週のカナダドル円は、先週の終値80.15円から円安に進んで81.45円で終了。

一方、ユーロ円も、先週の終値124.485円から円安に進んで126.208円で終了。

 

今週はややカナダドル円・ユーロ円ともに動きの大きい1週間でした。

特に、ユーロ円は2円近く円安となり、保有ポジションが増える結果となりました。

 

結果的にはカナダドル円のみの決済となりましたが、上下に大きく動いたこともあり今週の獲得利益は『2,656円』と目標の『1,500円』を上回りました

 

含み損も減少して実質利益も高い水準をキープできているので、この流れを来週も継続してほしいところですね。

 

カナダドル円及びユーロ円売りの設定などは以下の記事をご覧ください。

メキシコペソ円

  • メキシコペソ円(2019年7月~)投資額:430,000円(追加入金12万円含む)
  • 累計獲得利益:51,601円
  • 名目利益率:12.00%
  • 評価損益:-53,385円
  • 実質利益:-1,784円
  • 実質利益率:-0.41%

2020年12月4日時点のメキシコペソ円の獲得利益推移(週次単位)

2020年12月4日時点のメキシコペソ円の獲得利益推移(週次単位)

メキシコペソ円は上記のとおり、引き続き含み損状態です。

これで39週連続で含み損状態が続いています。

 

しかし!!

この含み損報告も今週が最後になるかもしれません♪

 

今週も先週の流れを引き継いで円安に動き、終値は5.266円となりました。

週の高値は5.279円付近まで伸ばし、コロナショック後の高値は確実に更新したようです。

 

次の高値であるコロナショック前の6円付近までは強いレジスタンスラインも見られないので、このまま上昇トレンドができることに大きな期待を寄せたくなりますね。

 

こうした状況で、とうとう手動トラリピの設定レンジにレートが戻ってきて決済も1件発生しました。

長い暗いトンネルに一筋の光が見えてきたと言っても過言ではないですね。

 

ちなみに、1件あたりの利幅は500円で設定していますが、長い塩漬け期間に蓄積したスワップポイントが651円ありました。

これより上のポジションは全て決済益よりも大きい額のスワップポイントが蓄積されているので、1件あたりの決済でも大きな利益となりそうです。

 

来週以降もメキシコペソ円の動きから目が離せませんね!

 

この調子でいけばプラ転するのも時間の問題ではないかと、プラス思考になるばかりです。

 

メキシコペソ円の設定状況などは以下の記事をご覧ください。

 

手動トラリピをするならマネーパートナーズの連続予約注文がオススメです!
口座開設は以下のバナーからどうぞ☆

株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX

まとめ

以上、今週の運用状況でした。

 

今週は何と言ってもメキシコペソ円の上昇が個人的には大きなニュースとなりました。

 

新型コロナウィルスのワクチンが広がっていけば原油価格も持ち直す可能性が高くなるので、さらに円安に動くことが期待できるのではと思っています。

 

とは言いながらも、新興国通貨であるがゆえにどこに落とし穴があるか分からないので、資金管理は適切に行っていきたいと思います。

 

以上、本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

※『分かりやすくて参考になった!』『分かりにくい!もっと頑張れ!!』色んな意味をこめて、ポチっとしてもらえれば嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

関連記事

こんにちは。ケイゾクです。投資初心者である私の資産運用の状況報告です。運用しているのは投資信託、ETF、FX(手動トラリピ)で、11月27日時点の利益率(FXは含み損考慮した数字)は次のとおりです。11月もほ[…]

関連記事

こんにちは。ケイゾクです。私は株式会社マネーパートナーズの『連続予約注文』を利用し、FXのリピート売買で資産運用を行っています。 『FX』と聞くとギャンブル・投機と言ったイメージを持たれる方もいらっ[…]

関連記事

こんにちは。ケイゾクです。私は資産運用のツールとして『FX』を利用しています。FXの基本について知りたい方は以下の記事をご覧ください。[sitecard subtitle=関連記事 url= https://[…]

関連記事

こんにちは。ケイゾクです。私は主にFX、投資信託、ETFなどで資産運用をしています。 今日はこの中で『FX』について、基本的なことを説明したいと思います。FXはギャンブルのようなもので、お金を一瞬で[…]


【DMM FX】入金