資産運用状況を公開:月利約2.48%でホクホク☆(2021年11月)

こんにちは。ケイゾクです。

2021年11月の運用状況についてまとめました。

 

まずはFXの月間獲得利益です。

2021年11月のFX獲得利益

今月はユーロ円が爆益!!

11月は円安になったかと思ったら円高になったりと、アップダウンが激しい1カ月でした。

 

結果、月利約2.48%とホクホクの結果に。

 

ユーロ円は今回の大量決済でポジションもかなり減ったので、来月はさすがに反動がありそうですね。

 

それでは、個別に確認していきます。

FX

カナダドル/円・ユーロ/円(2019年3月~)

投資額:1,066,361円

累計利益:286,931円

評価損益:-19,747円

実現利益:267,184円

利益率:24.59%

2021年11月のカナダドル円ユーロ円運用状況

2021年11月までのカナダドル円・ユーロ円の利益状況推移

冒頭記載したとおり、今月はユーロ円が爆益でした。

 

11月冒頭のFOMCで米国のテーパリングが決定、2022年中の利上げの話も出始めてきました。

一方、ユーロは利上げにはかなり慎重で、インフレに対しても米国より警戒姿勢が強く感じられます。

 

そのためユーロドルが大きく下落し、相対的にユーロが弱くなる場面が多かった印象です。

 

ユーロ円は連続予約注文で設定していますが、利幅やロットを少し弄ったせいもあってポジションが重複していたことも功を奏し、通常より多くの決済がありました。

 

その一方でカナダドル円も原油価格が頭打ちになりつつあり、為替レートも90円~91円台でヨコヨコしていました。

そこに南アフリカで新たに変異株が見つかったことでリスクオフに転じ、一気に下落して88円台に下落。

 

その結果、現在、カナダドル円は74円~90円にレンジを設定しているので、少しずつポジションが増えてきました。

 

ユーロ円はかなりポジションを収穫してしまいましたが、カナダドル円の種蒔きが順調なので円安・円高どちらに転んでもウェルカムな状態に。

 

含み損も縮小しているのでしばらくは安心して見ていられそうです。

 

カナダドル円とユーロ円の設定等は以下のとおりです。

関連記事

こんにちは。ケイゾクです。私はFXで『手動トラリピ』を使って資産運用をしています。 今回、カナダドル円が設定レンジを上抜けしたことから、設定内容を変更することとしました。2021年4月からは[…]

関連記事

こんにちは。ケイゾクです。私は資産の一部をFXで運用しており、株式会社マネーパートナーズの『連続予約注文』を使った手動トラリピをメインで取引をしています。 2019年3月からカナダドル円、2019年[…]

株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX

豪ドル/NZドル(2021年4月~)

投資額:630,000円

累計利益:76,569円

評価損益:-41,472円

実現利益:35,097円

利益率:5.57%

2021年11月のオージーキウイ運用状況

2021年11月までのオージーキウイの利益状況推移

2021年4月に運用を開始した豪ドル/NZドル(オージーキウイ)。

空白期間を経て9月、10月でV字回復したものの、11月に入ってまたもや右肩下がりに。

 

NZは利上げを進めていますが、豪州は依然として慎重な姿勢を崩さないですね。

したがって、レートもなかなか上がりそうにないので、しばらくは買いポジションゾーン(1~1.07)を抜けれそうにないです。

 

それは仕方がないのですが、買いポジションだと着々と溜まっていくマイナススワップ

結構ボディブローのように効いてくるんですよね。

 

年末なので損出しすることも視野に入れるべきですが、これまでやったことがないのでまずは損出しの方法を調べないと。

 

いずれにしろ、しばらくは含み損に耐えなければならない期間が続きそうですが、上手く付き合っていきたいですね。

 

豪ドル/NZドルの設定詳細は以下の記事で紹介しています。

関連記事

こんにちは。ケイゾクです。私は約2年間、FXを使って資産運用をしていますが、今回、豪ドル/NZドル(オージーキウイ)のペアでの運用を始めました。 単に運用を始めてその設定や状況を記事にするだ[…]

運用経過

こんにちは。ケイゾクです。2021年4月5日より稼働し始めた豪ドル/NZドル(オージーキウイ)ですが、約1ヶ月が経過したので運用状況についてまとめました。 とは言っても、この1ヶ月は1.07ドル前半[…]

NZドル/米ドル(2021年8月~)

投資額:630,000円

累計利益:38,069円

評価損益:-9,952円

実現利益:28,117円

利益率:4.46%

今年の8月中旬から運用を開始したNZドル/米ドル。

 

11月もコンスタントに利益を稼いでくれました。

 

米ドルもNZドルも金融引き締めを向いているので、レートも狭い範囲をウロウロとしている状況ですね。

月末のリスクオフでは大きく下がりましたが、それでも今の私の設定では安全運転の範囲内です。

 

0.7ドルを境にハーフ&ハーフの設定をしているので、今は買いポジションゾーンを推移していますが、こちらはオージーキウイとは異なり、買いポジションゾーンでもプラスのスワップポイントが溜まるので、より安心して見ていられますね。

 

オージーキウイと同じ口座内での運用をしているので、こちらで何とかオージーキウイのマイナスをカバーしてほしいところです。

投資信託・ETF(NISA・つみたてNISA・iDeCo:楽天証券)

投資額:2,305,358円

評価損益:1,051,956円

資産評価額:3,357,314円

利益率:45.63%

2021年11月までの投資信託&ETF運用状況

今月は月末に失速した投資信託&ETF。

 

それでも現在の私の運用状況としては誤差の範囲なので、米ダウが25,000ドル割れ、日経が18,000円割れのような状態にならなければ、安心して淡々と積み立てを継続です。

 

むしろ、25,000ドル割れのような大暴落が来たらVOOやVIGは買い増ししたいですね。

 

投資信託等の運用商品については、以下記事をご覧ください。

まとめ

以上、今月の運用状況でした。

 

FXはユーロ円のおかげで好成績となりました。

今年も残すところあと1カ月ですが、昨年のコロナショックの時のような大きな損切をせずに済んだので、年間収支もプラスになりそうです。

 

まだまだ小さな芽ですが、長期目線で運用を継続していきたいと思います。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング